【パラグアイ陸上競技連盟】日本のスポーツ科学知を南米パラグアイへ

Thumb mizushima
はじめまして。筑波大学人間総合科学研究科,体育学専攻陸上競技研究室,博士前期課程2年の水島淳です。
現在大学院を2年間休学し,青年海外協力隊として南米のパラグアイという国で陸上競技連盟のコーチを勤めています。

Thumb paraguayan2
(就任記者会見。左:パラグアイ陸連会長,中央:スポーツ庁大臣)


2016年4月30日〜5月9日にパラグアイの選手2名,コーチ3名を連れて日本遠征・研修を実施することになりました。
「2020年東京五輪,そしてその先に向けて,パラグアイにおける陸上競技をリードしていく選手,コーチの育成,応援」
を目的として,①日本で行われる国際大会への出場機会,②日本の最先端スポーツ科学技術を学ぶ機会を提供していただく予定です。

その中で,我らが筑波大学にも訪問し,スポーツ科学の現場に触れるとともに研究室との交流も企画しています。
また各大会での科学サポートも担って頂きます。

Thumb ut tsukuba

そして今回,日本で得た知識や経験をパラグアイ全土へ向けて選手・コーチと共に巡回指導を通じて発信したいと考えています。

私は,スポーツだからこそ,発展途上国といえども,世界で活躍するチャンスがあると考えています。
この巡回指導を通して世界で活躍する選手たちに憧れ,1人でも多くの子供達が陸上競技に参加し,
将来世界で活躍するという夢を持ってくれることを期待しています。
同時に日本に少しでも興味を持ってほしいという願いも込めています。

Thumb paraguayan7
パラグアイは,ブラジル・アルゼンチン・ボリビアに囲まれた発展途上国です。国民の平均年収は日本円で約60万円。日本とほぼ同様の領土面積に埼玉県ほどの数の国民が暮らしています。とにかく牛や馬,鶏,自然が残る広大な赤土。また日系社会の栄えている国でもあります。
Thumb map paraguay
Thumb paraguayan8
陸上競技人口は全土に1000人程度で,世界大会に出場するレベルの選手は国で数名程度です。その中でも現在若手選手(マラソン,200m,やり投げ,7種競技,ハンマー投げ)の活躍が著しく,東京五輪の出場を目指して日々練習に取り組んでいます。また現在活躍している選手たちの多くが地方出身者で,シューズも買うことのできない状況の中裸足で練習をしてきたような選手もいます。

Thumb paraguayan3
(3大会に渡り五輪出場を果たし,子どもたちに夢を与えたLeryn Franco選手)


Thumb paraguayan4
(5月3日の静岡国際陸上に参加するFredy Maidana選手)


Thumb paraguayan5
(5月8日のセイコーゴールデングランプリ2016川崎に参加するLarson Díaz選手)


Thumb paraguayan9

パラグアイの公立学校には,体育の授業が週に1回しかなく,放課後のクラブ活動など基本的にありません。
夢中になれるものを見つけることができない子どもたちの中には非行に手を染める子も少なくはありません。
陸上競技に取り組むことによって,また指導者に適切な指導法を教えることによって,
子どもたちが健全に育ってくれることも期待しています。
今回,日本で行われる国際大会に参加した選手と共に地方の学校や陸上競技クラブを訪問することによって,
ロールモデルとしての役割を果たしてくれると信じています。

Thumb paraguayan6
(運動場がないため,町の広場で行われている子ども陸上教室) 

Thumb paraguayan10


5月以降、パラグアイ全土で日本のノウハウが詰まった陸上競技研修を展開するための費用のご支援を募集しています。

東京五輪,その先の未来にパラグアイの選手たちが世界で活躍できるよう応援したい!
自分の名前を支援という形で地球の裏側に残したい!
思いに賛同して頂ける方,少しでも支援を宜しくお願い致します。

20160504追記-------------------------------------------------------------------------------------
多数のご支援を頂き、ありがとうございます。
既に目標金額の¥100,000を達成しておりますが、来年1月に日本の著名陸上選手をパラグアイに招待して開催する
研修会の費用も考慮して、次の目標として¥150,000を目指します。
引き続きご支援のほど宜しくお願い致します。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------

※ 個人的に物品寄付(シューズや試合運営器具)もお待ちしております。
  連絡先 → d50h60@gmail.com(水島)

応援メッセージをいただきました。

--------------------------------------------------------------------------------------------------

「パラグアイ陸上競技連盟」プロジェクトのクラウドファンディング募集にあたり、
400mハードル 日本記録保持者の 為末大 さんから応援メッセージをいただきました。

Thumb tamesue


為末 大 さん

1978年広島県生まれ。陸上トラック種目の世界大会で日本人として初のメダル獲得者。
男子400メートルハードルの日本記録保持者(2016年4月現在)。
2001年エドモントン世界選手権および2005年ヘルシンキ世界選手権において、男子400メートルハードルで銅メダル。
シドニー、アテネ、北京と3度のオリンピックに出場。2003年、プロに転向。2012年、25年間の現役生活から引退。
現在は、一般社団法人アスリートソサエティ、株式会社Xiborg、株式会社侍などを通じ、スポーツ本来の価値を社会に還元することを目的に様々な活動を幅広く行っている。

<応援メッセージ>
一人でも多くのアスリートが陸上を通じて成長できるように願っています。




-------------------------------------------------------------------
また筑波大学在学中は陸上部に在籍し、卒業後は
一般社団法人全日本ピアノ指導者協会 など多数の会社で経営者を務めつつ、マスターズ陸上でご活躍の 福田 成康 さんからも応援メッセージをいただきました。

Thumb

福田 成康 さん

一般社団法人全日本ピアノ指導者協会 専務理事
株式会社東音企画 代表取締役社長
公益財団法人福田靖子賞基金 理事長
一般社団法人 筑波フューチャーファンディング 理事 など

1964年生まれ。筑波大学生物学類卒業、栗田工業(株)に入る。1990年4月、株式会社東音企画代表取締役社長就任。1991年4月より社団法人全日本ピアノ指導者協会の事務責任者として経営に関わり、現在は専務理事。1996年、日経BP社より情報システム大賞の準グランプリ受賞。2001年、第3回「フジタ未来経営賞」を受賞。2002年、財団法人商工総合研究所 中小企業懸賞論文 準賞受賞。2011年 文部科学省 社会教育功労者表彰受賞。

趣味は陸上で、2009/9/27 東京マスターズ陸上 走り幅跳びで優勝など。




<応援メッセージ>
スポーツは、オリンピック憲章にも示されるように一人ひとりの肉体と意志と知性の資質を高めてばかりでなく、人同士の繋がりを促します。
多くの日本人がパラグアイを詳しく知らないように、きっと多くのパラグアイ人も日本を知らないはずです。
水島淳さんの活動は、陸上競技を通じてパラグアイと日本の距離を縮めてくれることでしょう。
陸上競技者である私は、陸上競技が国際親善のお役に立てることを誇りに思い、水島さんの活動を支援したいと思います。
募集期間
2016-04-08~ 2016-05-15

募集金額
100,000円

用途
パラグアイ陸上競技連盟が、東京五輪選手の発掘・育成を視野にパラグアイ全土で行う「日本のノウハウが詰まった陸上競技研修会」の費用(器具・運営費など)

支援について (終了したため現在は支援できません。)

2000円の支援で受け取れる引換券
500個まで

現地の選手・コーチからのサンクスレター、水島の2年間の活動報告書、パラグアイ陸上競技連盟ホームページにお名前掲載(希望者のみ)

5000円の支援で受け取れる引換券
500個まで

説明:パラグアイ伝統工芸品ニャンドゥティのコースター、現地の選手・コーチからのサンクスレター、水島の2年間の活動報告書、パラグアイ陸上競技連盟ホームページにお名前掲載(希望者のみ)

10000円の支援で受け取れる引換券
500個まで

パラグアイ陸上競技連盟オリジナルTシャツ、パラグアイ伝統工芸品ニャンドゥティのコースター、現地の選手・コーチからのサンクスレター、水島の2年間の活動報告書、パラグアイ陸上競技連盟ホームページにお名前掲載(希望者のみ)

30000円の支援で受け取れる引換券
500個まで

水島帰国(2017年7月)後報告会招待(筑波大学開催、交通費自費)、パラグアイ陸上競技連盟オリジナルTシャツ、パラグアイ伝統工芸品ニャンドゥティのコースター、現地の選手・コーチからのサンクスレター、水島の2年間の活動報告書、パラグアイ陸上競技連盟ホームページにお名前掲載(希望者のみ)

100000円の支援で受け取れる引換券
500個まで

水島帰国(2017年7月)後訪問(日本国内限定)、水島帰国(2017年7月)後報告会招待、パラグアイ陸上競技連盟オリジナルTシャツ、パラグアイ伝統工芸品ニャンドゥティのコースター、現地の選手・コーチからのサンクスレター、水島の2年間の活動報告書、パラグアイ陸上競技連盟ホームページにお名前掲載(希望者のみ)現地の選手・コーチからのサンクスレター、水島の2年間の活動報告書、パラグアイ陸上競技連盟ホームページにお名前掲載(希望者のみ)