つくばけやきっず 2016~「ゆめ花火プロジェクト」で、小児病棟で闘病中の子どもたちの「夢」を笑顔 とともに大空へ

こんにちは、つくばけやきっず 2016 です。
つくばけやきっずは、筑波大学医療系学生を中心とした学生有志です。
(2011年にその前身団体である『賢謙楽学』が、筑波大学医学専門学群の学生だった大滝優氏によって立ち上げられ、2013年に現在の名前になりました)
活動内容としては、筑波大学附属病院小児科に入院・通院している子どもたちの心の糧になるようなイベント を企画しています。

Thumb keyakids1

闘病中の子どもたちの笑顔が見たい!その気持ちから生まれてきた「つくばけやきっず」のイベントたち

日々辛い検査や処置に耐えながら必死に病気と闘い、中には1年以上の入院を余儀なくされていることを考えると、
子どもたち自身もそうですし、ご家族の方にもかなりのストレスがかかっていると感じました。
そんな中、 闘病中の子どもたち、支えるご家族に少しでも「ドキドキ」「ワクワク」する瞬間を届けられないか?! という気持ちが芽生え、
2011 年から毎年開催している つくばけやきっずの象徴的なイベントが「ゆめ花火」です。
http://yumehanabi.tsukuba.ch/  

~ゆめ花火プロジェクト2016~

「ゆめ花火」とは、筑波大学附属病院小児病棟で闘病している子どもたちに「夢の花火」をテーマに絵を描いていただき、
その絵を実際に花火として打ちあげる企画です。これはつくばけやきっずと筑波大学花火研究会の共同企画となります。

つくばけやきっずは、「ゆめ花火プロジェクト」と称して、子どもたちに絵を描いてもらい、花火鑑賞会を開くという活動をしています。

●ゆめ花火プロジェクトの流れ

①子どもたちに自由にを描いてもらう

紙芝居やパワーポイントなどを用いて趣旨を説明した後、子どもたちに「夢の花火」をテーマに絵を描いてもらいます。

Thumb keyakids4Thumb keyakids6

(子どもが描いた"いちご"の絵)

②花火会社に依する

子どもたちの絵を参考に、(株)山﨑煙火製造所に花火製造を依頼します。花火師さんのご尽力で毎年素敵な花火にしていただきます。

Thumb keyakids7

③鑑賞を開き、花火を鑑賞する

打ちあげの際は、絵を描いた子どもたち、入院中の子どもたちとそのご家族を招いて鑑賞会を開きます。花火を鑑賞するだけでなく、工作などのレクリエーションも行います。

 Thumb keyakids8

※ 教室の内装 2015 年度のテーマは「宇宙」で、このように装飾しました。2016 年度のテーマは「動物園」の予定です。  

Thumb keyakids5


【2015年度ゆめ花火に寄せられた声】

「子供達のために花火をあげてくださり、ありがとうございました。これからも続けてください」

「とにかくとにかく感動しました」

「娘にも私にも勇気を与えてくれた花火でした」

「病院生活から離れた経験は、子供にとってすごく貴重です。元気がでます」


●受賞歴

2013~2015年度の「ゆめ花火プロジェクト」はつくばアクションプロジェクト(T-ACT)承認プロジェクトとして企画し、T-ACT 2013年度下半期最優秀賞を受賞しました。また、2014年度にはつくば・地域連携推進賞 最優秀賞を受賞し、2015年度には公益財団法人「ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン」の助成事業に採択され、独立行政法人国立青少年教育振興機構「子どもゆめ基金助成金」の交付をいただきました。


~季節のイベント~

筑波大学小児病棟では、年に数回季節の催しが病棟保育士の方を中心に企画されています。私たちは、そのお手伝いをさせていただいています。夏祭り企画では装飾準備と当日の運営を、クリスマス会では、オーナメントやクリスマスカードなどを手作りしてプレゼントさせていただきました。

 Thumb keyakids3


TFFでご協力頂きたいこと

TFF には 2015 年度に初めて参加させていただき、たくさんの方々のご支援頂いてイベントも大盛況の内に終えることができました。
https://www.tff.or.jp/projects/5 

つくばけやきっずは、筑波大学主催の社会貢献事業や一般の福祉財団などに助成金を申請したり、 活動紹介リーフレットを作成して一般の方々から寄付をいただいたりして活動を行ってきましたが、 毎年安定した額を得ることは大変困難である状況です。
そこで、より多くの方々に活動を知っていただきたい、ご協力をお願いしたいという思いから、昨年度よりTFF に参加させていただきました。
昨年度いただいた資金は、つくばけやきっず活動費用として活用させて頂き、お陰様で今年しっかりと活動をスタートできました。
今年も、そして来年もまたより多くの闘病中の子どもたちやご家族に、よりたくさん喜んでもらえるように活動継続をし、さらに活動の幅を広げていけるようしてまいりますので、ぜひ皆様のご支援をよろしくお願い致します。


応援メッセージをいただきました。

--------------------------------------------------------------------------------------------------

「つくばけやきっず」プロジェクトのクラウドファンディング募集にあたり、
子どもたち~経営者向けのEGAKUワークショップやHarvard Business Reviewでの連載など
多方面で活躍する株式会社ホワイトシップ代表取締役社長/アートディレクターの 長谷部貴美 さん
から応援メッセージを頂きました。
Thumb kimihasebe

長谷部 貴美 さん

株式会社ホワイトシップ代表取締役社長/アートプロデューサー
2001
年アーティストと共にホワイトシップを設立。アーティストとオーディエンスの両方の立場からアートの可能性を探求するアートマネジメントを確立。
2002年に子ども向けに開発した「EGAKUプログラムhttps://egaku.co 」は、2007年よりビジネスパーソン向けおよび大手企業向けに広がり、組織変革のエンジンになっている。一方でアーティストのマネジメント、インキュベーション、スタジオ運営、展覧会企画も手がける。http://www.kunihikoyazawa.com

<応援メッセージ>

私たちホワイトシップでは、絵を描くということは「想いを描く、夢を描く、未来を描く」そういう意味として、とても豊かなことであり、未来を創り出す力になると考えています。まさにこのプロジェクトにも絵を描くことの豊かさと希望を感じます。このプロジェクトに参加する子どもたちの笑顔と、子どもの想いを形にする花火職人さん、そして当日夜空を見上げるたくさんの人たちの笑顔を想像しながら応援したいと思います。

募集期間
2016-09-16~ 2016-10-31

募集金額
100,000円

用途
つくばけやきっず活動資金

支援について (終了したため現在は支援できません。)

3000円の支援で受け取れる引換券
100個まで

つくばけやきっず特製ポストカードをお送りします。なお、発送は2016年11月中旬以降となります。

5000円の支援で受け取れる引換券
100個まで

ポストカードに加え、つくばけやきっず特製カレンダーをお送りします。カレンダーは、1枚の台紙に1年間の日付が記載されている形式です。なお、発送は2016年11月中旬以降となります。